メスを使わずに小顔に

医者と看護師

注射による治療が人気

顔が大きいことで悩む人は多いですが、美容整形で理想のフェイスラインを得ることを考える人もいます。とはいえ、顔にメスを入れることには抵抗がある、ダウンタイムが長くなるのは困るという人も少なくありません。最近は美容整形もメスを使わないプチ整形が人気ですが、プチ整形にも小顔になる方法が用意されています。メスを使わずに小顔になる方法では、注射による治療が人気です。注射であれば短時間の施術で済みますし、傷跡も小さな注射跡だけと最小限に抑えることができます。さらにダウンタイムも短くすぐに日常に戻れることもメリットです。治療方法としては、まずは脂肪溶解注射があり、頬や顎など脂肪の気になる部分に薬剤を注入します。脂肪吸引のような体の負担がなく気になる脂肪を取り除くことができます。さらに、エラボトックスも高い人気となっています。この治療は筋肉が発達してエラが目立っている人に有効な方法で、注射だけですっきりとしたフェイスラインを作ってくれます。いずれの治療も効果はゆっくりと現れますので治療を受けていることが知られにくく、自然に顔を小さくできるのも利点です。小顔になる方法も色々な種類がありますが、痛みや安全性が気になるという人は少なくありません。安全性の高い治療を希望するなら、骨を削るような大掛かりな治療ではなく、メスを使わないプチ整形から試してみることがおすすめです。代表的な治療は脂肪溶解注射やボトックスですが、いずれの治療も美容医療ではポピュラーな存在で安全性に優れた方法としても知られています。プチ整形による小顔になる方法は注射のみで行うことができますので、入院の必要はなく、施術が終わればすぐに帰宅することもできます。治療は最新の注意を持って行われていますが、当日にはやや腫れや赤みが出ることは理解しておきましょう。多少の腫れや赤み、痛みなどは数日程度で収まることが多くなっています。治療当日に飲酒をする、激しい運動を行うなど間違ったケアを行うとダウンタイムが長くなる可能性がありますので、血行を良くする行為は避けること、施術箇所を過剰に触るなどの行為も避けましょう。治療の技術力の高さはもちろん大事ですが、アフターケアを丁寧に行うことも回復を早めることにつながります。

Copyright© 2018 美容外科で小顔になる方法【患者側から色々と要望を出すことも可能】 All Rights Reserved.