人に好かれる小さな顔へ

カウンセリング

術後の食事と治療の種類

モニターを見ながら仕上がり具合を確認できる場合が多いので、美容整形外科で小顔治療を受ける時は、理想の小顔イメージを前もって固めておきましょう。美容クリニックでは小顔になる方法が多彩に用意されているため、目標の顔が決まっていれば、それに最適な治療方法を医師が提案してくれます。また、小顔になる方法では骨切り手術などもありますが、この治療ではCTスキャンをはじめ、数々の事前検査が必要です。場合によっては何度か通うため、仕事をお持ちの場合は、手術へ向けた準備期間のスケジュールも調整しておくのが大切です。そして、エラ骨の整形手術や、バッカルファットで脂肪を除去する場合は口腔内から手術しますので、術後の食事用に柔らかい食品を予め用意しておくと良いでしょう。栄養価の高いゼリー状の食品や、介護食用のレトルト食品なども良く、とく介護向けの物は舌でもつぶせるほど柔らかい商品が豊富に揃っているため便利です。小顔になる方法として口腔内を切開する時は、手術の日までに通販などで購入しておきますと、術後の食生活が楽になります。主張し過ぎるエラを注射で小顔にしてくれるのがボツリヌス治療であり、小顔になる方法としてもスタンダードになっています。これは骨ではなくエラの筋肉に作用させるのが特徴で、咀嚼などによって増大した咬筋をサイズダウンする治療です。また、ボツリヌス治療には筋肉ではなく筋膜へ作用させる方法もあり、こちらは表皮付近に注射をして、たるんだ皮膚を引き締めることで小顔にします。注射だけで小顔になる方法には脂肪溶解注射もあり、顔に蓄積した贅肉を落として顔を小さくする治療です。脂肪吸引より痛みと腫れを抑えられるのが特色で、マブタや鼻の脂肪を取って顔の印象を小さくすることもできます。そして、小顔になる方法にはバッカルファットという外科治療も用意されており、ブルドック顔の主因となる脂肪を抜き去るのが特徴です。そのほか、骨切り手術はアゴの骨をブロック単位に寸断して前後左右に移動できるため、希望の顔になれることから究極の小顔治療になっています。小顔になる方法としては最も大掛かりな整形施術である反面、顔の表面にはメスを入れないので、外見に傷を残さずに済むのも魅力的な特色です。

Copyright© 2018 美容外科で小顔になる方法【患者側から色々と要望を出すことも可能】 All Rights Reserved.